こころに騙されないために

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころに騙されないために

毎日21時に書評ツイートする人のブログ

大学生活でやって良かったこととやらずに後悔したこと

久しぶりの日記系記事です。

大学生活でやって良かったこと・やらなくても良かったこと

サークル・部活・学生団体

やはり一番役に立ったと思うのはこれです。私の場合は学園祭実行委員会に所属していたので、その経験でとても成長できたと感じています。

学園祭実行委員会では一般のサークルと違って個人に裁量と責任がある仕事を任されます。そして、自分が楽しむためではなく来場者や他の学生に楽しんでもらうために企画を考えたり管理したりします。ここでの会議やアイデア出しが就活のグループディスカッションなどでとても役に立ちました。

加えて私はサブリーダー的な役割だったので、人前に立って話したり、社会人の方と交渉する練習になり度胸もつきました。

社会人と対等に話すことに慣れていると就活面接でも緊張しにくいし、堂々と振る舞えるようになると思います。大学ジャーナリストの石渡嶺司氏も就活のバカヤロー (光文社新書)で「社会人慣れ」の重要性について書いていました。*1

最初友達が全然できなくて不登校になりかけたところからなんとか大学になじめたのも実行委員の同期のおかげでした。

アルバイト

アルバイトもやって良かったと思います。コンビニ、家庭教師、派遣など5種類以上試しました。家庭教師が一番頭も使うし、説明する力もつくと思いますが、私が一番成長できたなと思ったのはコンビニバイトです。

コンビニバイトのおかげで自宅浪人でリセットされていたコミュ力をいくらか復活させることができました。声を出すこと、笑顔、敬語など接客の基本が学べます(当たり前)。基本ですが、だからこそやって良かったと思います。最初はレジでお客さんを相手にするのですら緊張して声が震えてました。あの時の自分は相当やばかった。

課外活動

ビジネスプランコンテストとかにも参加しましたが 、正直まともなフィードバックが全然返ってこなくて、微妙でした。

こういうのは参加するコンテストをちゃんと選んだ方がいいと思います。もちろん、参加する側としても考えに考え抜いたアイデアを出したいですが……。 

rutei.hatenablog.com

 

また、ボランティアにも参加しましたが、これも微妙でした。カンボジアに学校を作るぞ!みたいな規模だったらすごいかもしれないけど、自分が参加したのはゴミ拾いとかお祭り運営の手伝いとかだったので、結局は人に指示されたことをそのままやるだけ。自分で考えてなにかの成果を出すという練習にはなりませんでした。そういうレベルならお金がもらえる分バイトの方が良かったのかなと思います。

大学生活でやりたかったこと

長期インターン

一番やっておけばよかったのは長期インターンです。やはり実践経験が大事だと就活活動をしながら思いました。実はちょうど去年の今頃一社応募したのですが落ちてしまいあきらめてしまいました。あのとき粘っていたらなあ。

長期インターンはサークル・学生団体と違って、社会人の中で、社会人を相手にするので面接官へのアピールとしては一番強いと感じました。さらに、企業研究や業界研究にもつながるし、自分の将来について考えるためにも役に立つと思います。

 

起業・自分でお金を稼ぐこと

長期インターンの次に役立ちそうなのがこれだと思います。起業までいかなくても、Amazonせどりするとか、ブログやyoutubeで稼ぐとか。

どこに需要があるか考えて、自分なりにサービスを組み立てて提供する。だめだったら何がだめなのか仮説を検証してPDCAをまわしていく。まさに実社会で求められている力だと思います。youtuberのはなおさんも、youtube活動が就職に役立った!と語っています。


YouTube活動してるけど就職できんの?って質問に答えます。

実はこのブログも、自分の力だけで何らかの価値を提供できたらいいなあという思いで頻繁に更新するようになりました。PVが多くないので広告も貼ってないし、そこまでガツガツマネタイズしている訳ではない*2ですが、自分の考えや知識をアウトプットする訓練にはなります。自宅浪人の記事が伸びてるから自宅浪人の記事をもっと書こうとか、書評の記事が検索されてるからそこから続けて読んでもらえるような記事を書いてみようとか、いろいろ考えて実際にPVが増えたり減ったりするのを見るのは面白いです。 

読書

一番後悔が大きいのは読書です。全然読まなかったわけではないのですが、youtubeみたりパズドラやったりしてダラダラしている時間をもっと読書に充てていれば……!

短期インターンや選考のグループワークでもやっぱり知識の差ははっきり現れてしまいます。社会人としても他の社員と差別化する要素として「事業とは関係ない別領域の知識」が強みになるのではないかなと社員の方と話していて感じました。

読書に関しても就活が終わった今月頭からたくさん本を読むようにして挽回できるように頑張っています。とりあえずは自分の専門の心理学やその周辺領域についてたくさん本を読んで、これについては詳しいです!と言えるようになりたいと思います。

 

 

*1:Amazonでみたら『就活のバカヤロー』の続編の就活のコノヤロー~ネット就活の限界。その先は?~ (光文社新書)kindleで270円だったのでついポチってしまった。最近就活本めっちゃ読んでます。

*2:Amazon アソシエイトは参加していますが……

広告を非表示にする