こころに騙されないために

.rute1/

キャリア/心理学/読書などなど

本屋での立ち読みは最も生産性の高い読書法である3の理由

 

お久しぶりです。 4月から就職して晴れて(?)社会人になることができました。

社会人にになると、大学生の頃とは違い自由な時間が少なくなってしまいます。特に困っているのが読書の時間です。動画を見たり音楽を聞いたりするのならまだしも、頭を使う読書は疲れて帰ってきてからではなかなか難しいのです。そのため、最近家で本を読むことよりも最寄りの書店で立ち読みをすることの方が多くなってきました。

そこで気づいたことがあります。立ち読みはかなり生産性の高い読書法だ、ということです。今回はその理由について紹介していきたいと思います。

 

1.タイムド・リーディングである

 

タイムドリーディングという読書手法があります。これは読書に制限時間を設けることで、意識的に読書を習慣化する試みです。

例えば時間を30分と決めたら、必ず30分で読まなければなりません。逆に言えば、30分で吸収できるような情報で、なおかつその本の中で最も必要な部分に注目して読むことになります。

書店で立ち読みする時は長々と内容をじっくり読むようなことは難しいので、自然とこのタイムドリーディング方式になるのです。

 

2.ザッピング読みになる

 

ザッピング読みは速読の基本です。
本を最初から最後まで読むのではなく、目次から、必要な情報を考えてその部分を集中的に読む読書法です。
書店で立ち読みする状況だと、自然とこのザッピング読みができるようになります。
なぜなら、立ち読みしているときは「買おうかどうか迷っている」時だからです。そのため、その本に買う価値があるのか判断するために、欲しい情報が載っているかざっと確認するように読む習慣が勝手に身について行きます。

 

3.立ったまま読む

立ったまま読むことが、なぜ生産性に繋がるのか?
それは集中力が鍵を握っています。実は人間は座っている時よりも立っている時の方が集中できることが、科学的に証明されているのです。

forbesjapan.com

 

最近ではスタンディングデスクという、たったまま作業する用のデスクも開発され、商品化されています。
私も職場で試したことがあるのですが、立ったまま姿勢を維持しなければならないというほどよい緊張感のおかげで、普段よりも長いあいだ集中できているように感じます。

 

これら3つの要因のおかげで、立ち読み読書は家やカフェで読むよりもかなり効率よく読むことができていると考えています。

 

「読む」技術?速読・精読・味読の力をつける? (光文社新書)

「読む」技術?速読・精読・味読の力をつける? (光文社新書)